FC2ブログ
       
2019年11月3日  緑と太陽の文化祭   烏塚神社のブースが出展されました。
ご報告をかねて、写真を掲載させて頂きました。

御朱印から開運黑だるま、八咫烏Tシャツ、八咫烏木札などの開運縁起物や法螺貝体験でにぎわいました。

   



  



 
























 写真の一部は修正して有ります。



























      烏塚神社 紹介

烏塚神社 からづか神社 ヤタガラス 法螺貝祈祷 黒達磨   愛知県豊橋市

https://www.youtube.com/watch?v=JLEtzhE8wT0




スポンサーサイト



ワールドサムライサミット2016で石巻山立螺之会会長 林 龍沁が法螺貝吹奏



2016年11月 19 20日

愛・地球博記念公園で、武将観光イベント『ワールドサムライサミット2016』が開催されました。

映画「真田十勇士」に、法螺貝穂の国のオーナーで法螺貝の製作者で

もある、林 龍沁が合戦のシーンに法螺貝を吹奏した事により、

ワールドサムライサミット2016の出演依頼を受け、武将隊の出陣に法

螺貝を吹奏披露しました。


 

大観衆の中、軍神召喚の儀 の再現も行われました。



            






  



第一回法螺貝奉納供養祭がほら貝穂の国のAスタジオで、平成28年8月7日(日)盛大に行われました。
ほら貝に携わる者として、毎年8月第一日曜日にほら貝の日として行いますので、是非お越し下さい。
主催 ほら貝 穂の国 
協賛 石巻山立螺之会







    




... 続きを読む
愛知県豊橋市 旧東海道二川宿では、本陣・旅籠屋・商家の3っを見学できる日本で唯一の宿場町として整備が進められていました。
このたび商家 駒屋の一般公開が始まり開館記念式典が行われ多くの来場者を迎える中、石巻山立螺之会 林 龍沁会長のほら貝吹奏により記念式典イベントが華やかに開始されました。

              
          オープニングイベントの先陣を切る 林 龍沁会長のほら貝吹奏


        宝塚歌劇団OGの出演者や県議の方々と



      佐原光一 豊橋市長とともに
 


当日は多くのお客様で賑わい、林 龍沁会長のほら貝 吹奏を始まりに、消防音楽隊の演奏、宝塚歌劇団OGのパフォーマンスが行われました。終了後に佐原光一 豊橋市長より林 龍沁会長に感謝の意が伝えられ、林 龍沁会長の迫力あるほら貝の音に感動されていました。


        
 
当日の様子は 林龍沁会長の法螺貝吹奏を含めて、 ケーブルテレビ ティーズ 「とよはし たはら しんしろ」内で紹介 放映されています。11月3日は18:10より放映されました。
 





愛知県豊橋市二川町に二川宿本陣があります。旧東海道の歴史の名残を残す豊橋市指定有形文化財です。
いよいよ11月から商家 駒屋の一般公開が始まります。
豊橋市からの依頼を受け27年11月1日の開館記念式典において、石巻山立螺之会 林龍沁会長がほら貝を吹奏します。
江戸時代の面影が残る場所にほら貝が響き渡ります。





 豊橋市二川宿本陣資料館


平成27年8月2日 愛知県豊橋市 烏塚神社において法螺貝と魚貝類の供養祭が荘厳に執り行われました。

我々人間は食物連鎖の頂点として、当たり前のように自然の恩恵を享受しています。命をいただく事で命をつないでいます。魚貝類を採取する者、調理する者、食する者、法螺貝を吹奏する者、すべての者がもう一度海からのいのちの恩恵に感謝し、供養する為の行事です。

またほら貝は、法螺貝として高徳な法具と成るが故、日本人の精神文化に深く根付き、人々の業を消し去ってきました。
ほら貝をはじめとして魚貝類のみたまが神のみもとに安らかにしずまり、豊かな自然が恒久に続く事と法螺貝の文化の復興発展を願う為の重要な祭事となります。

この供養祭は毎年8月の第1日曜日を開催日とさだめ、「ほら貝ショップ穂の国」主催 「石巻山立螺之会」協賛により、烏塚神社にて招神し、とりおこないます。
法螺貝吹奏をされる方、魚貝類に携わる飲食関係の方など、ぜひご参加ください。ご希望の方は御祈祷も受けられます。祈祷料は、お志しで結構です。
次回は平成28年8月7日の予定です。参加には事前に申し込が必要となります。
午前中に法螺貝・魚介類供養祭の神事。
なおらい・昼食ののち午後より法螺貝の奉納吹奏大会を予定しております。
自分の吹かれている法螺貝の為の供養など、一人一人の思いを自由なかたちで奉納吹奏します。
詳しくは今後、当ホームページにてお知らせいたします。
問い合わせ先  穂の国  
                        TEL: 0532-32-8755
                        メール:
honokuni8@yahoo.co.jp


ほら貝・魚介類 供養祭 《 8月2日 当日の様子をご覧ください 》    

   
  烏塚神社(からつかじんじゃ)
いまでは烏塚神社の周りにはこのように田畑が広がっていますが、かってこの地は海の中州島にあり、四方は海であったそうです。またこの場は海の中でありながら真水が吹き出ていた清らかな場所であったとの事です

   
烏塚神社 拝殿                  祝詞奏上 玉串奉奠


      
祝詞奏上                   法螺貝奉納吹奏


   
                                         なおらい

「石巻山立螺之会」 「ほら貝シヨップ 穂の国」 では法螺貝の吹奏だけでなく、いろいろな取り組みを通して法螺貝復興に貢献して行きます。


ほら貝の事なら

和の音色 世界に発信   
ほら貝ショップ 穂の国
  ・・・・・  穂の国  ・・・・・
TEL: 0532-32-8755
メール:honokuni8@yahoo.co.jp
営業時間: 午前9時30分~午後6時まで
定休日: 毎週木曜日・金曜日
石巻山立螺之会指定店 


烏塚神社(からつかじんじゃ)
愛知県豊橋市高洲町烏塚57



... 続きを読む
60年という活動実績を持ち、数々の奉仕活動を通じて豊橋から世界えと勢力的に活動の輪を広げる「豊橋北ロータリークラブ」
小杉新会長のもと新たなる躍進に向かい「発掘 発見 そして未来への発信」のスローガンをかかげ、7月7日ホテルアークリッシュ豊橋において初例会が開催されました。
小杉新会長と会員の一致団結を誓う初例会において、林龍沁会長がほら貝吹奏の依頼を受け、新たなる出発の祝いと弥栄を祈念した法螺貝の音色が披露されました。
 



「豊橋北ロータリークラブの会員の皆様の熱意」と「ほら貝の復興にかける林龍沁会長の熱意」が融合し豊橋から世界への新たなる活動が開始します。
豊橋北ロータリークラブの会員の皆様には大変お世話になりました。

石巻山立螺之会では豊橋北ロータリークラブの会員の皆様の更なるご活躍をお祈り申し上げます。


ほら貝の事なら

和の音色 世界に発信   ほら貝ショップ 穂の国

平成27年6月28日 愛知県豊田市堤町 八幡社前行者堂にて地元の吉野大峰講の方々が中心となって行者堂祭が行われれました。
祭司として御嶽山心願講 下村金松師とともに石巻山立螺之会 林龍沁会長が法螺貝を吹奏し、行者堂祭が荘厳に行事を終えることができました。当日参加頂きました皆様にお礼を申し上げるとともに、行者堂祭の様子をご報告します。

 

 






  

  




ほら貝ショップ穂の国では、ほら貝無料体験がいつでも出来ます
法螺貝 穂の国
   
無料のほらがい体験は営業時間内で随時行っていただけます。 お気軽にお越しください。   

    
和カフェ 穂の国 
ら貝が食べられる ランチの情報はこちら →   和カフェ穂の国
    愛知県豊橋市菰口町3丁目90  営業時間:午前9時30分~午後6時 
  TEL:0532-32-8755          定休日:毎週木・金曜日
                       メール honokuni8@yahoo.co.jp 

5月17日 愛知県幸田町において「小和田哲男 歴史講演会」が開催されました。小和田哲男先生はNHKドラマ 「秀吉」 「天地人」 「軍師官兵衛」などの時代考証を担当された方で、今回は「家康と三河松平氏」と題された講演でした。会場の席はすぐに完売となったとの事で、わかりやすい歴史解説が人気を博しているようです。
今回 石巻山立螺之会 会長林龍沁がこの講演会にサプライズ出演し、満席の観客の前で法螺貝吹奏を行いました。
    
        パンフレットと開演前のホールの様子 
講演会のオープニングとして会場内に法螺貝の音が響き渡りました。吹奏が終わると
会場からはおおきな拍手が沸き起こりました。つづいて講演に入る小和田哲男先生も
林会長の立螺の音に少なからずびっくりされたようで講演冒頭で法螺貝の音域が高い事にも触れ、会場の人への説明を付け加えながら講演に入りました。
会場にお越しいただいた多くの方々も、おそらく法螺貝の「甲音」「揺り」をふくめた吹奏を初めて体験された事と思います。

     
                林 龍沁会長の法螺貝吹奏

  
 小和田哲男先生と林会長           スタッフの方々と

 教育委員会の方はじめ、スタッフの方々と親しく交流させていただきました。
 ありがとうございました。

石巻山立螺之会ではいっしょに法螺貝を楽しむ会員を募集しております。会費 入会金は不用です。まったく未経験の方でも気軽に法螺貝を始められる無料体験をはじめ、更なるレベルアップを求められる方への法螺貝教室などのカリキュラムがあります。現在小学生から八十歳代の女性まで幅広い会員のみなさんが活躍しています。


 ほら貝ショップ 穂の国では ほら貝無料体験がいつでも出来ます
体験は営業時間内随時 【営業時間】 午前9時30分~午後6時まで   
法螺貝 穂の国
  愛知県豊橋市菰口町3丁目90  営業時間:午前9時30分~午後6時 
  TEL:0532-32-8755          定休日:毎週木・金曜日
                       メール honokuni8@yahoo.co.jp  
 無料駐車場15台分あり     新幹線 豊橋駅西出口から徒歩で15分ほどです。





5月12日 諏訪大社下社 おんばしら御神木の伐採が行われ、石巻山立螺之会が法螺貝吹奏で参加しました。
まずは地元氏子の皆様の温かいお出迎え!   林会長は2年前の仮見立、1年前の本見立につづいての参加となります。また今回初めて参加される会員も数名いましたが、氏子の皆様のおかげで安心して参加することができました。今回案内役をして頂いた地元氏子の方には参加者ひとりひとりにお土産をいただました。とても良い記念となりました。ありがとうございました。
       
地元氏子の皆様の温かいお出迎え    朝霧けむる伐採地の集合所  背負われた大きなのこぎり


        < おんばしらのひと  祭をささえる木遣り唄  >


 

御柱祭の進行には常に木遣りが伴います。伐採される木は「奥山の大木 里に下りて神となる」(里曳)とうたわれます。
写真左の方は高齢の為、今でこそ現役は退かれていますが今でも張りのある艶やかな歌声で歌いあげ、我々をびっくりさせてくれます。手にした額入りの写真はちょうど14年前のおんばしら伐採(前々回)での雄姿であり、新聞に掲載されたものだそうです。
写真右の方は今回の御柱伐採で木遣りを務められた方です。ほかにも女性を含め数名の木遣りの方がおられますが、この方は私と目が合うといっもこの満面の笑みを返していただけました。この方の発する高い歌声は周りの木々の間をどこまでも鳴り響いているようでした。地元の方は歌うのではなく、「鳴く」と表現されるようです。
御柱にかけた男の意気込みを感じます。

  「伐採の様子1」
   

       


「石巻山立螺之会 法螺貝吹奏」
    

     


「伐採の様子2」 大木が切り倒され、ご神木へと変わりゆく最初の瞬間
     
林会長の法螺貝吹奏に合わせて声掛けいただきました地元氏子の皆様ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
当日は多くの取材クルーや記者達が見えました。伐採の様子は「長野日報」「読売オンライン」「信毎web」などの地元紙ネットニュースなど5月13日付記事でも詳しく報じられていますので、参考にしてください。
ご神木をご覧になりたい方は ぜひ ほら貝ショップ 穂の国

            
        諏訪大社 春宮一之御柱 ほら貝ショップ 穂の国 店内にて