10月18日 ほら貝 穂の国で行われた法螺貝教室に、豊田市堤町木遣り保存会の皆様が参加されました。
保存会の皆さんは神楽での太鼓、竜笛、などを担当されながらも、木遣りの継承と保存に尽力されています。
今回は木遣りの中に法螺貝の音色を取り込み、木遣りをさらに魅力あるものへと進化させるべく、五ヶ月前から法螺貝教室に参加して頂いております。
教室では林 龍沁先生の基本指導からはじまり、個々にアドバイスを受けてのほら貝吹奏となりました。


今回参加いただきました堤町木遣り保存会の皆様は、二人か三人で合わせた吹奏方法を取り入れたいとの事でした。
メンバーの方が持参した木遣りの資料に基づき、木遣りに合わせた吹奏方法を林龍沁先生に相談されていました。
林龍沁先生は快くお受けになり、堤町木遣り保存会の皆様の法螺貝吹奏の為の立螺譜を創作する事になりました。

「木遣り」は元は労働歌ですが、いまではいろいろとおめでたい儀式にも披露され、ほら貝との組み合わせはきっと素晴らしいものとなるでしょう。


今回のように個々に吹奏する音を確認しながらチーム練習ができるスタジオ環境は、まさにうってつけでした。
チームやグループで吹奏練習されるには、防音 空調の整ったスタジオ環境が最適です。


スタジオを利用されることで、練習の音などが外部の人に聞こえないので、「前練習が情報漏れして発表会の感動が半減した」   「ライバルグループに練習を見られて再度プログラムの練り直し」といったことも少なくなるようです。


スタジオ内では簡単な録音機材でも十分な音質が確保できるので、練習時の簡易録音なども可能です。一般的な野外や屋内と比べて雑音が少なくなりますので、練習効果の確認にも最適です。



木遣り保存会皆さんは、併設の和カフェ 穂の国の「ほら貝炊込みごはん」をお召し上がりになりました。 そのお味はとても好評でした。皆さんの笑顔でわかりますね。

  豊田市堤町木遣り保存会の皆様



穂の国主催 法螺貝教室 のご案内
第三日曜日 午後1時3時(まえもって参加予約が必要となります)
開催日は第四日曜に変更される場合もあります。 

集合場所 :レンタルスタジオ 穂の国
費用:1名、3,000円(税別)  定員10名
※法螺貝無料貸出致します。
※テキスト無料貸出し致します。


お問い合わせは お気軽に 
穂の国 まで










関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ishimaki.blog.fc2.com/tb.php/252-def7569c